大規模なデータ復旧は一度だけ

小規模な簡単な復旧であれば数回と行ってもメディアに対して大きな負担とはなりませんが、専門の業者に依頼しても数日掛かるような大規模なデータ復旧というのは基本的には一回限りの作業となります。特にハードディスクの復旧というのは一度障害が発生してしまうと以後も障害が発生しやすい状況が続いてしまい、何回もデータ復旧に取り組むというのは難しいことがほとんどです。そのため、データ復旧を行う際には一度しか行えないことを肝に銘じて十分に復旧に関して実績のある業者を選ぶ必要があります。また復旧が必要な障害の発生についても、それが論理的な障害なのか物理的な障害なのか、あるいはその両方なのかを見極めずに復旧作業を行なってしまうと後に引けない状況になってしまう可能性も出てきてしまいます。

見極めた結果、適切な復旧作業が行えるかどうかというのはその業者の今までの経験や持っているスキルに依存してしまいます。そのため復旧を依頼する先の選定というのは非常に重要となります。復旧作業の大手では費用が高くなる場合も出てきますが復旧作業は一度しか行えないことを踏まえ、高くても信頼出来るところに依頼するのが大きな失敗をしないための一つの手段となります。

データ復旧はまず見積もりから

データ復旧をする際にはまずは、見積もりを出してもらうようにしましょう。一体どれぐらいの故障なのかというのは素人目にはなかなかわからないのです。いきなり、データを復旧して欲しいと業者にパソコンを送付したとしても、それが復旧不可能なぐらい故障しているという可能性もあるのです。故障がどれぐらいなのかということを見てもらい、そして、それにどれぐらいの費用がかかるのかということをきちんと見積もりによって出して貰う必要があるのです。

しかし、ひとつの業者に見積もりを出してもらってそれで満足してはいけません。他の会社にも見積もりを出して、その金額などを比較しなければなりません。業者によって、パソコンの知識がないことを良い事に法外な値段を要求するというところも少なくないのです。これだけの値段じゃないとデータが復旧できないと嘘をついてお金をだまし取るというようなケースもあるので、注意が必要となってくるのです。そうしたことを防ぐためにも見積もりは複数の会社に出してもらい、その金額が妥当であるかどうかというのを検証しなければならないのです。そうして、妥当な金額の業者に依頼することによって安心に利用することができるというわけです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

*